メニューを開く 検索を開く ログイン

ワクチン効果の増強法を開発

脂肪酸代謝の制御が鍵

 2019年01月23日 06:10
プッシュ通知を受取る

 千葉大学大学院免疫発生学教室教授の中山俊憲氏、かずさDNA研究所(千葉県)先端研究開発部オミックス医科学研究室室長の遠藤裕介氏らは、脂肪酸代謝の制御によりワクチンの効果を増強する方法を開発した。免疫記憶システムを解明し、その司令塔ともいえる「メモリーT細胞」に高率で分化させる方法を確立した。詳細は、Nature Metabolism2019年1月14日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  基礎医学 »  ワクチン効果の増強法を開発

error in template: found but mtif was expected