メニューを開く 検索 ログイン

ワクチン効果の増強法を開発

脂肪酸代謝の制御が鍵

2019年01月23日 06:10

 千葉大学大学院免疫発生学教室教授の中山俊憲氏、かずさDNA研究所(千葉県)先端研究開発部オミックス医科学研究室室長の遠藤裕介氏らは、脂肪酸代謝の制御によりワクチンの効果を増強する方法を開発した。免疫記憶システムを解明し、その司令塔ともいえる「メモリーT細胞」に高率で分化させる方法を確立した。詳細は、Nature Metabolism2019年1月14日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  基礎医学 »  ワクチン効果の増強法を開発

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD518627 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外