メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  PLWHAでより重要な生活習慣病対策

PLWHAでより重要な生活習慣病対策

HIV感染やARTがPLWHA(People Living With HIV/AIDS)の脂質・糖代謝に影響

 2019年01月24日 06:00
プッシュ通知を受取る

 抗レトロウイルス療法(ART)によりHIV感染者の平均余命は大きく延伸し、今や非感染者とほぼ同等となっている。長期療養が可能となった反面、浮上してきた課題が生活習慣病対策である。国立病院機構名古屋医療センター薬剤部の平野淳氏は、第32回日本エイズ学会(2018年12月2〜4日)でPLWHA(People Living With HIV/AIDS)例と厚生労働省の2016年国民健康・栄養調査 (調査報告)のデータを比較し、PLWHA例の脂質・糖代謝異常に対する治療介入には意義があると報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  PLWHAでより重要な生活習慣病対策

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10518543 有効期限:10月末まで