メニューを開く 検索を開く ログイン

「世代内扶養」は団塊世代の責務

団塊世代は社会保障の変革、世代間対立の予防に努めよ

 2019年01月25日 06:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 1月12日、NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワークと地域医療研究会の合同大会プレ大会として、シンポジウム「2019団塊・君たち・未来」が東京大学安田講堂で開かれた(関連記事「あれから50年の東大安田講堂で医療と介護の未来を語る!」)。その中心テーマは、地域包括ケアの未来と団塊世代の関わりであった。そこで、「団塊世代の責務」と題する講演で高齢者同士が支え合う「世代内扶養」という概念を提案した、淑徳大学総合福祉学部教授(社会保障論、社会福祉学)の結城康博氏の主張を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  高齢者 »  「世代内扶養」は団塊世代の責務