メニューを開く 検索 ログイン

学会が「スタチン不耐」を定義付け

日本動脈硬化学会が関連学会と合同で指針策定

2019年01月25日 17:59

45名の医師が参考になったと回答 

 スタチンは動脈硬化性心血管疾患の一次(初発)・二次(再発)予防に有効な薬剤だが、筋障害や肝機能障害などの有害事象により、投与継続が困難なスタチン不耐例への対応が課題であった。日本動脈硬化学会は関連学会(日本肝臓学会、日本神経学会、日本薬物動態学会)と合同で、これまで統一されていなかったスタチン不耐の定義や有害事象への対策を含む『スタチン不耐に関する診療指針2018』(以下、診療指針2018)を取りまとめ、昨年(2018年)12月27日にPDF版を公式サイトで公開した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  学会が「スタチン不耐」を定義付け

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで