メニューを開く 検索を開く ログイン

集団場面における失語症者の行動は?

集団訓練プログラムの談話分析から見えてきたこと

 2019年01月28日 06:20
プッシュ通知を受取る

 円滑なコミュニケーションのためには、言語そのものだけでなく「相手の顔色を読む」「場の空気を読む」「表情やジェスチャーで気持ちを伝える」といった、場面に適した言語使用能力も重要となる。前・横浜市総合リハビリテーションセンター医療部機能訓練課言語聴覚士(ST)の今井眞紀氏らは、失語症者のコミュニケーション能力を評価する目的で、集団場面における談話分析を実施。個別訓練では捉えることができないコミュニケーションの実態が観察されたことなどを、第42回日本高次脳機能障害学会(2018年12月6〜7日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  集団場面における失語症者の行動は?

error in template: found but mtif was expected