メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

側弯症、術後の背骨の伸びを初めて算出

三次元的手法で可能に

 2019年01月29日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 思春期特発性側弯症は10歳代に発症する原因不明の脊柱の弯曲で、Cobb角10°以上が側弯症とされる。富山大学整形外科学講座診療講師の関庄二氏は、信州大学、新潟大学との共同研究で、思春期特発性側弯症患児の手術前後のCT画像を専用ソフトを用いて三次元的に比較。その結果、手術によって脊柱管が平均で約1cm伸びることを世界で初めて明らかにし、J Bone Joint Surg Am2019; 101: 48-55)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  側弯症、術後の背骨の伸びを初めて算出

error in template: found but mtif was expected