メニューを開く 検索を開く ログイン

アルコール性肝疾患患者の多くは未治療

 2019年02月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ronstik ※画像はイメージです

 アルコール性肝疾患(ALD)患者は飲酒をやめることで生存率が改善するが、多くの患者はなかなか禁酒ができない。米・University of MichiganのJessica L. Mellinger氏らは、禁酒治療に対する患者の嗜好や誤解、禁酒治療を行う上での障壁について明らかにするため、アンケートと面接調査を実施。その結果、多くのALD患者は飲酒がやめられないにもかかわらず、禁酒治療を受けようとしない実態が明らかになった。詳細はJ Subst Abuse Treat(2018; 91: 20-27)に報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

男性型脱毛症(AGA)で悩む人へ―

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  アルコール性肝疾患患者の多くは未治療

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12518727 有効期限:12月末まで