メニューを開く 検索を開く ログイン

患者の期待は高い?機能性表示食品の未来

日本抗加齢協会第3回学術フォーラム 今後の健康食品を考える

 2019年02月03日 06:00
プッシュ通知を受取る

 機能性表示食品制度は「加工食品及び農林水産物について、事業者の責任で科学的根拠をもとに機能性を表示できる制度」として2015年4月にスタートした。しかし、同制度では事業者の届け出のみによって機能表示が可能となるため、その信頼性を疑問視する声も聞こえてくる。これに対し、消費者庁はどう考えているのか。日本抗加齢協会第3回学術フォーラムのシンポジウム「今後の健康食品を考える」を取材した。登壇した消費者庁食品表示企画課の赤﨑暢彦氏は、開始後4年となる機能性表示食品制度の現在の運用状況や消費者庁の取り組みについて解説した

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  患者の期待は高い?機能性表示食品の未来

error in template: found but mtif was expected