メニューを開く 検索を開く ログイン

健康食品の広告、消費者庁のもくろみは

日本抗加齢協会第3回学術フォーラム 今後の健康食品を考える

 2019年02月04日 05:55
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、国民における健康志向の高まりとともに、健康食品が広く普及している。季節により花粉症、インフルエンザ、熱中症などテーマは変わるものの、健康食品の広告は1年を通じてメディアを賑わせている。一方、こうした広告や宣伝の中には不当な内容、あるいは虚偽を含むものがしばしば見受けられる。消費者庁ではどのような対応を行っているのか。日本抗加齢協会第3回学術フォーラムのシンポジウム「今後の健康食品を考える」を取材した。登壇した消費者庁食品表示対策室の木村勝彦氏は、機能性表示食品の広告に関する法律上の規制について説明を行った(関連記事:患者の期待は高い?機能性表示食品の未来

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  医療制度 »  健康食品の広告、消費者庁のもくろみは