メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

生活習慣病対策はヘルスリテラシー向上から

職域のキーパーソン関与がポイント

 2019年02月05日 16:30
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 労働者の糖尿病や高血圧といった生活習慣病への罹患は、医療費の増大だけでなく、欠勤やプレゼンティーイズム(疾病就業)などの形で企業の生産性低下にもつながる。そのため近年、産業衛生の分野では、従来の安全衛生に加え、慢性疾患の予防・治療を企図した"職域ヘルスプロモーション(Workplace Health Promotion;WHP)"の重要性が増している。順天堂大学総合診療科先任准教授の福田洋氏は第53回日本成人病(生活習慣病)学会(1月12〜13日)で、ヘルスリテラシーの視点からWHPの現状と将来像について講演した。(関連記事:「ストレスチェック、集団分析で職場改善」「求められる職場でのがん教育」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  生活習慣病対策はヘルスリテラシー向上から

error in template: found but mtif was expected