メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  男性型脱毛症治療薬で前立腺がん死リスク減

男性型脱毛症治療薬で前立腺がん死リスク減

米・フィナステリド大規模RCTの長期追跡結果

 2019年02月06日 06:00
プッシュ通知を受取る

40名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 男性型脱毛症治療薬として用いられる抗アンドロゲン薬フィナステリドは、プラセボと比べて前立腺がんの発症リスクを低下させることが、これまでに1万8,000例を超える男性を対象にランダム化比較試験Prostate Cancer Prevention Trial(PCPT)の結果から示されている。今回、同試験の約20年に及ぶ追跡から、フィナステリドは前立腺がんによる死亡リスクも25%低下させることが明らかになった。ただし、前立腺がんによる死亡は試験全体で100例未満と少なく、統計学的な有意差はなかった。米・CHRISTUS Santa Rosa Hospital Medical CenterのIan M. Thompson Jr.氏らがN Engl J Med2019; 380: 393-394)に発表した。(関連記事「フィナステリドによる前立腺がん予防のRCTから18年,患者予後を報告」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  男性型脱毛症治療薬で前立腺がん死リスク減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02518830 有効期限:2月末まで