メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  高齢者 »  認知症の予兆捉える血液バイオマーカー発見

認知症の予兆捉える血液バイオマーカー発見

軽度認知機能障害の早期でもOK

 2019年02月06日 16:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アルツハイマー病(AD)の発症には、脳内に蓄積されたアミロイドβ蛋白質(Aβ)の関与が指摘されている。筑波大学医学医療系准教授の内田和彦氏らは、Aβクリアランスの低下に関わる3種類の蛋白質について、血液バイオマーカーとしての臨床的有用性を検討。その結果、これらの蛋白質の血中量が、軽度認知障害(MCI)の脳機能低下および脳イメージングの変化と一致。認知機能の評価において有効なバイオマーカーとなりうることが明らかになったと、Alzheimers Dement(Amst)2019; 11: 85-97)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  高齢者 »  認知症の予兆捉える血液バイオマーカー発見

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02518842 有効期限:2月末まで