メニューを開く 検索を開く ログイン

早期の栄養指導で腎移植患者のCKD対策を

 2019年02月07日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本の腎移植後の生着率は上昇傾向にあるものの、移植患者の腎機能は健常人の5~6割である。さらにレシピエントもドナーも高齢化が進んでおり、腎機能の低下がさらに進展するリスクも懸念される。CKD患者においては栄養管理が重要になるが、これまで国内の腎移植患者の栄養設計については、基本となるデータがほとんどなかった。第22回日本病態栄養学会(1月11~13日)では、女子栄養大学栄養学部教授の恩田理恵氏(共同研究者:東京医科大学腎臓内科分野主任教授の菅野義彦氏)が、腎移植患者の身体状況や栄養素の摂取状況などを報告し、CKD進展を防ぐための課題について述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  早期の栄養指導で腎移植患者のCKD対策を