メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  小児のNAFLDが低糖食で有意に改善

小児のNAFLDが低糖食で有意に改善

 2019年02月07日 17:31
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images OcusFocus ※画像はイメージです

 小児の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は2型糖尿病、末期肝疾患、肝がん、心血管疾患のリスク増加と関連することから、長期的な健康には診断と迅速な治療が非常に重要となる。米・Emory UniversityのMiriam B. Vos氏らは、10歳代の男子を対象にランダム化臨床試験を実施した結果、遊離糖(グルコースなど)の少ない低糖食は通常の食事と比較してNAFLDを有意に改善したとJAMA(2019; 321: 256-265)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  小児のNAFLDが低糖食で有意に改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02518846 有効期限:2月末まで