メニューを開く 検索を開く ログイン

小児のNAFLDが低糖食で有意に改善

 2019年02月07日 17:31
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images OcusFocus ※画像はイメージです

 小児の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は2型糖尿病、末期肝疾患、肝がん、心血管疾患のリスク増加と関連することから、長期的な健康には診断と迅速な治療が非常に重要となる。米・Emory UniversityのMiriam B. Vos氏らは、10歳代の男子を対象にランダム化臨床試験を実施した結果、遊離糖(グルコースなど)の少ない低糖食は通常の食事と比較してNAFLDを有意に改善したとJAMA(2019; 321: 256-265)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  小児のNAFLDが低糖食で有意に改善