メニューを開く 検索を開く ログイン

アスピリン常用、出血リスクが効果を相殺

初発予防のメタ解析

 2019年02月08日 06:15
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・King's College London/Imperial College LondonのSean L. Zheng氏らは、アスピリン使用による心血管イベントの予防効果を非使用群と比較したランダム化比較試験(RCT)13件、計16万例超のシステマチックレビューとメタ解析を実施。その結果、心血管疾患(CVD)の既往がない患者では、アスピリンの心血管イベント予防効果は小さく、深刻な出血リスクが上昇することでその効果は相殺されることが示されたとJAMA2019; 321: 277-287)に発表した。(関連記事「アスピリンの初発予防が有効な患者像は?」「健康な高齢者に低用量アスピリンの効果なし」「アスピリンに初発予防効果も安全性に懸念」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  アスピリン常用、出血リスクが効果を相殺