メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  DAA治療不成功のC型肝炎に新薬

DAA治療不成功のC型肝炎に新薬

 2019年02月08日 16:37
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 C型肝炎ウイルス(HCV)に直接作用して増殖を抑える直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場により、多くのC型肝炎患者が治癒するようになったが、DAAでも効果が得られない治療不成功例がおり、新たな治療法が求められている。大阪大学大学院消化器内科学教授の竹原徹郎氏は、ギリアド・サイエンシズが1月25日に東京都で開いたメディアセミナーで講演し、今年(2019年)1月に承認を取得したソホスブビル/ベルパタスビル配合剤(商品名:エプクルーサ、未発売)の臨床上の有用性について解説した。DAAによる治療が失敗した患者の約97%で有効性が得られたとして、「治療失敗例に完璧な治療法がない中で、アンメットニーズが満たされた」と述べた。同配合剤は重度の肝硬変(非代償性肝硬変)に対しても国内初の薬剤として承認を取得した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  DAA治療不成功のC型肝炎に新薬

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10518841 有効期限:10月末まで