メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  血培なし、20分で有効な抗菌薬を特定

血培なし、20分で有効な抗菌薬を特定

 2019年02月12日 17:06
プッシュ通知を受取る

123名の先生が役に立ったと考えています。

 血液感染症の種類と治療に必要な抗菌薬を20分で特定できる方法が米国で開発された。血液感染症は診断が困難で、治療薬を決定するには数日かけて血液培養で起因菌を特定する必要がある。培養結果を待たずに薬剤カクテルを用いることも多いが、不要な薬剤による健康被害や耐性菌増加の懸念がある。米・Purdue UniversityのWeili Hong氏らは、血液培養ではなく患者の血液サンプルを用い、ハイパースペクトル誘導ラマン散乱(SRS)イメージングで生菌の糖代謝活性をモニターする迅速診断法を開発したとAnal Chem2018; 90: 3737-3743)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  血培なし、20分で有効な抗菌薬を特定

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02518865 有効期限:2月末まで