メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  低線量CT肺がん検診の普及狙い学会が宣言

低線量CT肺がん検診の普及狙い学会が宣言

 2019年02月13日 06:30
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 日本CT検診学会は、茨城県日立市で開かれた第26回学術集会(2月8~9日)で、低線量CT肺がん検診を普及させるため「日立宣言2019」を発表した。この中で、2024年3月までの5カ年計画を提言、認定医師・技師をそれぞれ2,000人(現状1,346人、1,250人)、認定施設を200施設(同19施設)に引き上げる戦略目標を掲げた。また、低線量肺がんCT検診の体制確立のため一般向けの情報発信や認定施設の情報公開なども盛り込んだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  低線量CT肺がん検診の普及狙い学会が宣言

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08518891 有効期限:8月末まで