メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

低線量CT肺がん検診の普及狙い学会が宣言

 2019年02月13日 06:30
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 日本CT検診学会は、茨城県日立市で開かれた第26回学術集会(2月8~9日)で、低線量CT肺がん検診を普及させるため「日立宣言2019」を発表した。この中で、2024年3月までの5カ年計画を提言、認定医師・技師をそれぞれ2,000人(現状1,346人、1,250人)、認定施設を200施設(同19施設)に引き上げる戦略目標を掲げた。また、低線量肺がんCT検診の体制確立のため一般向けの情報発信や認定施設の情報公開なども盛り込んだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  低線量CT肺がん検診の普及狙い学会が宣言

error in template: found but mtif was expected