メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ファイザーが高血圧治療薬を自主回収

ファイザーが高血圧治療薬を自主回収

発がん性があるとされる物質が検出

 2019年02月13日 14:25
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 ファイザーは2月8日、高血圧症治療薬バルサルタン/アムロジピンベシル酸塩配合錠(商品名:アムバロ配合錠「ファイザー」)の一部ロットを自主回収すると発表した。海外の原薬製造所で製造された当該製品の原薬バルサルタンから、発がん性があるとされるN-ニトロソジエチルアミン(NDEA)およびN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出されたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ファイザーが高血圧治療薬を自主回収

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02518906 有効期限:2月末まで