メニューを開く 検索を開く ログイン

ファイザーが高血圧治療薬を自主回収

発がん性があるとされる物質が検出

 2019年02月13日 14:25
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 ファイザーは2月8日、高血圧症治療薬バルサルタン/アムロジピンベシル酸塩配合錠(商品名:アムバロ配合錠「ファイザー」)の一部ロットを自主回収すると発表した。海外の原薬製造所で製造された当該製品の原薬バルサルタンから、発がん性があるとされるN-ニトロソジエチルアミン(NDEA)およびN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出されたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ファイザーが高血圧治療薬を自主回収