メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  低線量CT検診、肺がん死亡リスクを51%低減

低線量CT検診、肺がん死亡リスクを51%低減

日立市コホート研究

 2019年02月13日 15:30
プッシュ通知を受取る

60名の先生が役に立ったと考えています。

 第26回日本CT検診学会(2月8~9日)で開かれた記者会見で、大会長で日立製作所日立総合病院(茨城県)総合健診センタ長の名和健氏は、茨城県日立市市民を対象に低線量CT肺がん検診受診者とX線検診受診者を追跡した後ろ向きコホート研究の結果を公表した。X線検診に比べ、低線量CT検診では肺がん死亡リスクが51%減少、CT検診が肺がん死亡に効果があることが分かった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  低線量CT検診、肺がん死亡リスクを51%低減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10518907 有効期限:10月末まで