メニューを開く 検索を開く ログイン

果物・野菜摂取で透析患者の死亡リスク低下

多国籍の前向きコホート試験

 2019年02月14日 06:00
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 血液透析を受けている患者では、体内にカリウム(K)が蓄積することへの懸念から、果物と野菜の摂取が制限されている。しかし、これらの摂取量が多いほど、透析患者の早期死亡のリスクが低下する可能性があることが分かった。多国籍前向きコホート試験に登録された透析患者8,000例超の食事データから示されたもので、オーストラリア・University of SydneyのGiovanni F. M. Strippoli氏らがClin J Am Soc Nephrol(2019年1月31日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  果物・野菜摂取で透析患者の死亡リスク低下