メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

白内障手術、眼内レンズ挿入を自動化

日本アルコンが新しいデリバリーシステムを発売

 2019年02月14日 06:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 白内障の手術は、濁った水晶体を取り出して人工の眼内レンズ(IOL)を挿入する超音波水晶体乳化吸引術(Phaco)が主流だが、手動でのIOL挿入には感染症リスクや成否が医師の技量に左右されるといった問題があった。2月4日、日本アルコンは東京都でプレスセミナーを開き、IOLの自動挿入を可能にする新たなデリバリーシステム「Clareon AutonoMe」を発売したと発表。みなとみらいアイクリニック(横浜市)院長の荒井宏幸氏が講演し、同システムの特徴と白内障治療の展望などについて講演した。(関連記事:〔小学生が最新の医療機器で「手術」に挑戦〕)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  白内障手術、眼内レンズ挿入を自動化

error in template: found but mtif was expected