メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

右室流出路再建、術式による違いは?

心臓MRIを用いた定量評価

 2019年02月15日 16:59
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 TOFなどの先天性心疾患に対して行われる右室流出路再建術(PVOTR)は、多くの症例において程度の違いがあるものの術後に肺動脈弁逆流を残す。倉敷中央病院小児科主任部長の脇研自氏らは、PVOTRの術式により遠隔期の右室機能に相違が見られるかどうかを、心臓MRIを用いて定量的に評価。結果を第21回日本成人先天性心疾患学会(1月11〜13日)で報告した。(本文中の疾患名の略語は文末に一覧で記載)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  右室流出路再建、術式による違いは?

error in template: found but mtif was expected