メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

公的ビッグデータを疫学研究で活用するには

技術・制度面での検討が急務

 2019年02月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 疫学・公衆衛生分野における公的データは、国勢調査、国民健康・栄養調査、レセプト(診療報酬明細書)情報といった個人の属性や生活習慣、医療に関するものと、全国がん登録情報や人口動態死亡情報といった個人のがん罹患、死亡などに関するものに分けられる。大阪国際がんセンターがん対策センター特別研究員の大島明氏は第29回日本疫学会(1月30日〜2月1日)で、異なるデータを個人レベルで連結しより多くの情報を得る「レコード・リンケージ」と、地理的な貧困水準を示す「地理的剝奪指標(Areal Deprivation Index)」という2つの視点から、わが国における公的ビッグデータ活用の展望について講演した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  公的ビッグデータを疫学研究で活用するには

error in template: found but mtif was expected