メニューを開く 検索を開く ログイン

在宅患者と医師 ジェンダーの影響は

 2019年02月22日 06:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 総合診療医にとって医療面接は特に重要な臨床スキルであり、医師のジェンダー(社会的性別)は医療面接の質に影響するとされている。病棟や外来での医療面接に与える影響については複数報告されているが、在宅医療については明らかでない。北里大学新世紀医療開発センター地域総合医療学教授の木村琢磨氏は第12回日本性差医学・医療学会(1月19~20日)で、医師・患者のジェンダーが在宅医療での医療面接に与える影響について、自験例を基に考察した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  総合診療 »  在宅患者と医師 ジェンダーの影響は

error in template: found but mtif was expected