メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

肝胆膵領域のロボット手術、課題は?

保険収載に向けた展望

 2019年02月25日 06:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 肝胆膵領域におけるロボット支援下手術は現状、保険収載されていない。そこで、藤田医科大学副学長(総合消化器外科教授)の杉岡篤氏は、これまで同科で自費診療により実施してきた同手術のコストや内容、治療成績などを紹介し、保険収載へ向けて解決すべき課題を、第11回日本ロボット外科学会(1月26日)で論じた。同科では2009年11月~18年12月にロボット支援下肝胆膵外科手術を109例施行しており、内訳は肝切除が77例、膵切除が31例、胆道手術が1例である。コストは肝切除における解剖学的切除や部分切除で約220万円、膵頭十二指腸切除で約280万円などであるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  肝胆膵領域のロボット手術、課題は?

error in template: found but mtif was expected