メニューを開く 検索 ログイン

卵巣がん高精度かつ早期に検出

血中マイクロRNAで診断モデルを作成

 2019年02月25日 06:05
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 卵巣がんは早期発見が困難で予後が悪いことで知られる。国立がん研究センター研究所の研究グループは、血液を用いて高い精度で卵巣がんを検出する診断モデルの作成に成功した。2月13日に東京都で開かれたウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会(代表:内閣官房参与/慶應義塾大学名誉教授・吉村泰典氏)のメディア...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  卵巣がん高精度かつ早期に検出