メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

経口インスリンの実現に確かな一歩

インスリンカプセルSOMA、実証実験に成功

 2019年02月25日 06:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 糖尿病患者に世界で初めてインスリン注射が施行されたのは、1922年のこと。以来、長く患者の"悲願"であった「経口インスリン」実現の突破口となる可能性を秘めたデリバリーシステムが登場した。米・Massachusetts Institute of Technology(MIT)などの共同研究グループは、インスリンをはじめとする生体高分子の経口投与を可能にする経口カプセル"self-orienting millimeter-scale applicator(SOMA)"を開発(写真)。ラット、ブタを用いた実証実験に成功したことを、Science2019; 363: 571)に発表した。今後、インスリンだけでなく、投与法が注射や点滴に限られている幅広い医薬品への応用を視野に、研究を進める考えだ。

22937_cap_pho1.png

(Felice Frankel氏/ MIT提供)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  経口インスリンの実現に確かな一歩

error in template: found but mtif was expected