メニューを開く 検索を開く ログイン

飲酒や薬物使用障害経験者は再発の夢を見る

重症だった人ほど可能性高い

 2019年02月27日 06:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images natasaadzic ※画像はイメージです

 アルコールやその他の薬物(alcohol and other drug;AOD)について問題を抱えていた人は、回復期に入ってからも飲酒や薬物を使用する夢(drinking/drug-using dreams; DDUD)を見ることが多いという。米・Massachusetts General Hospital Recovery Research InstituteのJohn F. Kelly氏らは、AODの問題を解決した米国成人約2,000人を対象に調査を実施し、「再発の夢は重症であった人ほどよく見る」とJ Subst Abuse Treat(2019; 96: 12-17)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  飲酒や薬物使用障害経験者は再発の夢を見る

error in template: found but mtif was expected