メニューを開く 検索を開く ログイン

すぐにできるロボット手術の節約法を紹介

 2019年02月28日 05:20
プッシュ通知を受取る

 近年、ロボット支援下手術は大学病院や総合病院だけでなく、中・小規模の病院でも徐々に普及しつつある。しかし、中・小規模の病院にとって高額な医療用ロボットの購入費、消耗品やメンテナンスにかかる維持費は大きな負担となる。59床の泌尿器科単科病院であるにいむら病院(鹿児島県)院長の新村眞司氏は、同手術に用いる器具や装置に工夫を凝らし、円滑な施行に支障を来さない範囲でコストを削減するためのアイデアを第11回日本ロボット外科学会(1月26日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  すぐにできるロボット手術の節約法を紹介