メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

心筋梗塞後の自主的な運動が腎保護の鍵

 2019年02月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 急性心筋梗塞患者は腎機能の低下を伴うことが多く、生存率の悪化にもつながっている。東北大学大学院内部障害学分野教授の上月正博氏、同分野の佐藤聡見氏らは、急性心筋梗塞患者を対象に運動がもたらす腎機能への影響を検討。急性心筋梗塞発症後に身体活動量を高く保つことは、腎機能低下の抑制につながるとの結果をPLoS One2019; 14: e0212100)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  心筋梗塞後の自主的な運動が腎保護の鍵

error in template: found but mtif was expected