メニューを開く 検索 ログイン

難病の早期診断、鍵を握るのはかかりつけ医

 2019年02月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

 2月末日の本日は「世界希少・難治性疾患の日」である。2015年に日本で「難病の患者に対する医療等に関する法律」(難病法)が施行され、医療費助成の対象となる指定難病は昨年(2018年)4月現在で331疾病に拡大した。難病(希少・難治性疾患)治療薬の開発は難しいとされるものの、近年、遺伝性血管性浮腫(...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  解説 »  難病の早期診断、鍵を握るのはかかりつけ医