メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  総合診療医こそ女性医療の窓口に

総合診療医こそ女性医療の窓口に

 2019年03月01日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 総合診療科では、患者の年齢、主訴、性にかかわらず、高頻度で遭遇する健康問題に対して継続的かつ包括的なケアを行う。しかし、女性に特異的な疾患への対応についてはその大半を産婦人科に一任しているのが現状だ。浜松医科大学産婦人科家庭医療学講座/森町家庭医療クリニック(静岡県周智郡)の鳴本敬一郎氏は、総合診療科の主訴には女性医療の対象となる疾患が潜んでいる場合があるため、それらを問診ですくい上げ、包括的なケアを行うことが重要だと、第12回日本性差医学・医療学会(1月19~20日)で強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  総合診療医こそ女性医療の窓口に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08519278 有効期限:8月末まで