メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  高度気道確保が生存率改善に関連

高度気道確保が生存率改善に関連

 2019年03月04日 04:55
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Henfaes ※画像はイメージです

 院外心停止患者に対する病院到着前の救急救命士による高度気道確保(デバイスを用いた気道確保)の有効性については、これまで多くの観察研究が行われているもののいまだ一定の見解は得られていない。米・University of Pittsburghの井澤純一氏、大阪大学大学院環境医学教室の北村哲久氏および同大学医学統計学教室の小向翔氏らの研究グループは「成人の院外心停止患者に対する心肺蘇生時の高度気道確保は、電気ショック非適応リズムを示す例では生存率の改善に関連する」とBMJ(2019年2月28日オンライン版)に発表した。〔解説:大阪大学大学院環境医学教室・北村哲久氏

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  高度気道確保が生存率改善に関連

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06519291 有効期限:6月末まで