メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

スポンジ入りカプセルでバレット食道を診断

 2019年03月04日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。


(プレスリリースより)

 バレット食道は食道腺がん(バレット腺がん)の前がん状態とされるが、効果的で信頼できるスクリーニング法はなく、特に患者数が増加している欧米では食道腺がんにより多くの命が奪われている。中国・SunYat-sen UniversityのZhixiong Wang氏らは、ポリウレタンスポンジを内包したカプセル(EsophaCap、写真)が、メチル化バイオマーカーパネルとMethylation on beads(MOB)法との組み合わせにより、バレット食道のスクリーニングツールになりうることを前向き検証試験により示し、Clin Cancer Res2019年1月22日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  スポンジ入りカプセルでバレット食道を診断

error in template: found but mtif was expected