メニューを開く 検索を開く ログイン

アルコール代謝関連遺伝子と飲酒による乳がんリスクを検討

ALDH2遺伝子多型により乳がんリスクを層別に解析

 2019年03月05日 05:15
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 これまでの研究により、飲酒が乳がんの独立した危険因子であることが示唆されているが、その機序についてはいまだ解明されていない。愛知県がんセンター研究所がん予防研究分野主任研究員の鵜飼知嵩氏は、アセトアルデヒドを分解する2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の遺伝子多型と乳がん発症との関連を、国際乳がんコンソーシアムに参加している2万5,000人以上のアジア人のデータを用いて検討し、その結果を第29回日本疫学会(1月30日〜2月1日)で発表した。(関連記事:「ASCOが"危険な飲酒"に声明」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  アルコール代謝関連遺伝子と飲酒による乳がんリスクを検討