メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

早期精巣がんへの補助療法、精子に影響せず

 2019年03月05日 16:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 精巣がんは若年男性に発症しやすく、治療に伴う精子の形成障害が問題となっている。スウェーデン・Karolinska InstituteのKristina Weibring氏らは、精巣がん臨床病期ステージⅠ(CSI)の患者を対象に、精巣摘除術後の補助療法が精子の産生に及ぼす影響について検討。その結果、総精子数(TSN)および精子濃度(SC)への長期的な影響は見られなかったと、Ann Oncol2019; pii: mdz017)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  早期精巣がんへの補助療法、精子に影響せず