メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

今世紀中に子宮頸がん撲滅は可能

2020~99年181カ国HPVワクチン+スクリーニングの効果

 2019年03月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種と子宮頸がんスクリーニングが急速かつ広範に実施されれば、子宮頸がんは今世紀(21世紀)末までに世界のほとんどの国で公衆衛生上の問題から除外できる可能性がある。オーストラリア・Cancer Council New South WalesのKate T. Simms氏らは、世界181カ国を対象に2020~99年に前述した2つの既存の介入による子宮頸がん撲滅の可能性を数理モデルを用いて検討、その結果をLancet Oncol2019年2月19日オンライン版)に発表した。2020年以降に2つの介入が高率に実施された場合、その後50年間(2069年まで)に最大1,340万例で子宮頸がんが予防できる一方、実施されない場合は4,440万例が子宮頸がんを発症するとみられる。世界規模でこのような推定が明らかにされたのは初めて。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  今世紀中に子宮頸がん撲滅は可能

error in template: found but mtif was expected