メニューを開く 検索 ログイン

睡眠時無呼吸の気道陽圧療法GL発表

米国睡眠学会

2019年03月12日 06:15

17名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国睡眠学会(AASM)が、成人の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)に対する気道陽圧(PAP)療法の新たな診療ガイドライン(GL)をJ Clin Sleep Med(2019; 15: 335-343)に発表した。新GLは、AASMによる他の睡眠呼吸障害に関する評価・治療GLとの併用を想定し、成人OSAに対するPAP療法に関する9項目の推奨を提示している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  睡眠時無呼吸の気道陽圧療法GL発表

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD519353 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外