メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  緩んだ結膜が涙液層を破壊する疾患

緩んだ結膜が涙液層を破壊する疾患

結膜弛緩症に対する手術の意義

 2019年03月12日 06:05
プッシュ通知を受取る

 結膜弛緩症はその名の通り結膜が緩む疾患で、下眼瞼の上に存在する涙のたまり(涙液メニスカス)を弛緩結膜が占拠し、角膜の涙液層に影響を及ぼす。ドライアイや眼不定愁訴(眼がごろごろする、しょぼしょぼするなど)との関連が指摘されており、中高年に多く見られる。結膜弛緩症の重要性を報告し、その手術法を開発した京都府立医科大学病院教授の横井則彦氏は、結膜弛緩患者における手術前後の角膜上の涙液層の変化を観察。涙液層の形成を阻害している弛緩結膜の外科治療による切開で、症状が改善することを角膜カンファランス2019(2月7〜9日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

参院選の結果、どんな印象?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  緩んだ結膜が涙液層を破壊する疾患

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07519387 有効期限:7月末まで