メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

冠攣縮狭心症、欧米より日本で予後よい

 2019年03月12日 06:10
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 東北大学大学院循環器内科学分野教授の下川宏明氏らは、近年欧米でも有病率が高いことが分かってきた冠攣縮性狭心症について国際多施設共同前向き登録研究を行い、その結果をInt J Cardiol 2019年2月20日オンライン版)に発表した。胸痛発作を起こす場面や時間帯などで人種差が見られ、日本人に比べ欧米人(caucasian)の方が有意に心血管イベントの多いことなどが明らかになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  冠攣縮狭心症、欧米より日本で予後よい

error in template: found but mtif was expected