メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の小児がん、約半数が未診断

 2019年03月13日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのZachary J. Ward氏らは、独自に開発したシミュレーションモデルを用いて世界200カ国・地域の小児がん罹患率を検討。その結果、2015年時点で世界の小児がん患者39万7,000例の約半数が未診断・未治療で、保健システムがこのまま改善されなければ2015~30年に43%が見逃されるとの推定結果をLancet Oncol2019年2月26日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  世界の小児がん、約半数が未診断