メニューを開く 検索 ログイン

オピオイドが"効く痛み"、"効かない痛み"とは

2019年03月13日 17:20

17名の医師が参考になったと回答 

 オピオイド鎮痛薬(以下、オピオイド)は広く臨床現場で使用されるが、オピオイドで痛みが軽減しにくい、あるいは増強してしまう場合もある。加えて近年、オピオイドの依存症や過量摂取死も少なからず見られることから、その適切な使用法を把握することは非常に重要である。北里大学新世紀医療開発センター・疼痛学教授の金井昭文氏は、痛みの構造に焦点を当て、オピオイドが効くか否かをケース別にまとめ、第48回日本慢性疼痛学会(2月15~16日)で解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  麻酔科 »  オピオイドが"効く痛み"、"効かない痛み"とは

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD519424 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外