メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

オピオイドが"効く痛み"、"効かない痛み"とは

 2019年03月13日 17:20
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 オピオイド鎮痛薬(以下、オピオイド)は広く臨床現場で使用されるが、オピオイドで痛みが軽減しにくい、あるいは増強してしまう場合もある。加えて近年、オピオイドの依存症や過量摂取死も少なからず見られることから、その適切な使用法を把握することは非常に重要である。北里大学新世紀医療開発センター・疼痛学教授の金井昭文氏は、痛みの構造に焦点を当て、オピオイドが効くか否かをケース別にまとめ、第48回日本慢性疼痛学会(2月15~16日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  麻酔科 »  オピオイドが"効く痛み"、"効かない痛み"とは