メニューを開く 検索を開く ログイン

外科学会、新専門医制度からの撤退も視野に

外科6領域のサブスペシャルティ認定めぐり意見

 2019年03月15日 17:15
プッシュ通知を受取る

229名の先生が役に立ったと考えています。

 日本専門医機構が管轄する新専門医制度におけるサブスペシャルティ領域の研修プログラムについて、日本外科学会は3月12日、機構と見解の相違が見られるとの意見を公表した。同学会によると、機構からはかねてより外科に関連する同領域の研修プログラムについて「認定済み」である旨が示されていたが、その後「認定は暫定的なもの」との発言があったという。この結果、同学会が2019年4月に開始予定としていた研修の一部が認められない事態になったと指摘。今後、同機構や厚生労働省などと協議を行うが、状況によっては新専門医制度からの撤退も視野に入れるとしている。(関連記事「専門医制度、サブスペシャルティ領域審査へ」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  医療制度 »  外科学会、新専門医制度からの撤退も視野に

error in template: found but mtif was expected