メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »   »  発達障害によるビタミンA欠乏症

発達障害によるビタミンA欠乏症

2019年03月18日 05:00

21名の医師が参考になったと回答 

 ビタミンA欠乏症(VAD)は夜盲症が先行して現われ、放置すれば眼球乾燥症を来して最終的には失明に至る可能性が高い疾患である。発展途上国では小児の主要な失明原因となっているが、日本で遭遇することはまれである。兵庫医科大学眼科学の薗田直央氏は発達障害に伴う偏食からVADによる角膜混濁を生じた小児3例を経験、詳細を角膜カンファランス2019(2月7〜9日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »   »  発達障害によるビタミンA欠乏症