メニューを開く 検索を開く ログイン
【お知らせ】大型連休中の各種お手続きに関して

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  カテーテルvs.手術、低リスクでは?

ACC2019

カテーテルvs.手術、低リスクでは?

大動脈弁置換術のPARTNER 3試験

 2019年03月18日 11:50
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Baylor Scott and White HealthのMartin Leon氏らが、外科手術による死亡のリスクが低い重度の大動脈弁狭窄症の患者を対象に経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)と外科的大動脈弁置換術の有効性を比較したPARTNER 3試験の結果を第68回米国心臓病学会(ACC 2019、3月16~18日、ニューオーリンズ)で発表した。中~高リスク患者では両者に差はないことが知られているが、今回の低リスク患者ではTAVRの方が1年死亡、脳卒中、再入院の複合リスクを有意に低下させた。結果はN Engl J Med(2019年3月17日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

この連休に公共の場で急病人「お医者様は?」

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  カテーテルvs.手術、低リスクでは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04519517 有効期限:4月末まで