メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  カテーテルvs.手術、低リスクでは?

ACC2019

カテーテルvs.手術、低リスクでは?

大動脈弁置換術のPARTNER 3試験

2019年03月18日 11:50

16名の医師が参考になったと回答 

 米・Baylor Scott and White HealthのMartin Leon氏らが、外科手術による死亡のリスクが低い重度の大動脈弁狭窄症の患者を対象に経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)と外科的大動脈弁置換術の有効性を比較したPARTNER 3試験の結果を第68回米国心臓病学会(ACC 2019、3月16~18日、ニューオーリンズ)で発表した。中~高リスク患者では両者に差はないことが知られているが、今回の低リスク患者ではTAVRの方が1年死亡、脳卒中、再入院の複合リスクを有意に低下させた。結果はN Engl J Med(2019年3月17日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  カテーテルvs.手術、低リスクでは?