メニューを開く 検索を開く ログイン
ACC2019

カテーテルvs.手術、低リスクでは?

大動脈弁置換術のPARTNER 3試験

 2019年03月18日 11:50
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Baylor Scott and White HealthのMartin Leon氏らが、外科手術による死亡のリスクが低い重度の大動脈弁狭窄症の患者を対象に経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)と外科的大動脈弁置換術の有効性を比較したPARTNER 3試験の結果を第68回米国心臓病学会(ACC 2019、3月16~18日、ニューオーリンズ)で発表した。中~高リスク患者では両者に差はないことが知られているが、今回の低リスク患者ではTAVRの方が1年死亡、脳卒中、再入院の複合リスクを有意に低下させた。結果はN Engl J Med(2019年3月17日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  カテーテルvs.手術、低リスクでは?