メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ACC2019

心房細動の抗血栓療法、4レジメンで比較

AUGUSTUS試験:抗凝固薬+P2Y12阻害薬の安全性示す

 2019年03月18日 20:50
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 AUGUSTUSは、急性冠症候群(ACS)を発症または経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行され、P2Y12阻害薬の投与が予定されている心房細動(AF)患者を対象に、アピキサバン vs. ビタミンK拮抗薬(VKA)、さらにアスピリン追加 vs. プラセボ追加の安全性を評価する2×2ファクトリアルデザインのランダム化比較試験。米・Duke Clinical Research InstituteのRenato D. Lopes氏らは、主要評価項目の大出血/臨床的に重要な非大出血の発現に関してアピキサバンがVKAに対し非劣性であること、またアスピリンを加えた抗血小板薬2剤療法(抗凝固薬+P2Y12阻害薬+アスピリン)に対する抗血小板単剤療法(抗凝固薬+P2Y12阻害薬)の優越性が同試験で示されたと、第68回米国心臓病学会(ACC 2019、3月16〜18日、ニューオーリンズ)で報告した。同試験の結果は、N Engl J Med (2019年3月17日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  心房細動の抗血栓療法、4レジメンで比較

error in template: found but mtif was expected