メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  理解難しい口腔内状態、数値化で分かりやすく

理解難しい口腔内状態、数値化で分かりやすく

多職種連携推進の一助に

 2019年03月19日 17:52
プッシュ通知を受取る

60名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、口腔細菌が誤嚥性肺炎や感染性心内膜炎などの全身疾患に関与することが報告され、医科における口腔ケアの重要性が強調されてきている。しかし歯科以外の職種にとって、口腔内の状態を理解するのは難しいのが実情である。そこで広島大学病院では、患者の口腔内状態を数値化し、歯科と医科での情報共有を促進する取り組みを行っている。同院診療支援部歯科衛生部門歯科衛生士の倉本祐里氏が、第34回日本環境感染学会(2月22〜23日)でその概要を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  理解難しい口腔内状態、数値化で分かりやすく

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06519426 有効期限:6月末まで