メニューを開く 検索 ログイン

理解難しい口腔内状態、数値化で分かりやすく

多職種連携推進の一助に

2019年03月19日 17:52

61名の医師が参考になったと回答 

 近年、口腔細菌が誤嚥性肺炎や感染性心内膜炎などの全身疾患に関与することが報告され、医科における口腔ケアの重要性が強調されてきている。しかし歯科以外の職種にとって、口腔内の状態を理解するのは難しいのが実情である。そこで広島大学病院では、患者の口腔内状態を数値化し、歯科と医科での情報共有を促進する取り組みを行っている。同院診療支援部歯科衛生部門歯科衛生士の倉本祐里氏が、第34回日本環境感染学会(2月22〜23日)でその概要を紹介した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  理解難しい口腔内状態、数値化で分かりやすく