メニューを開く 検索を開く ログイン

免疫CP阻害薬による"Hyperprogression"

ニボルマブとイリノテカンにおけるHPDの検討

 2019年03月20日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント(CP)阻害薬はがん患者の治療に福音をもたらしている一方、一部では急速な腫瘍増大(hyperprogressionまたはhyperprogressive disease;HPD)が認められることがさまざまながん種で報告されている。国立がん研究センター中央病院消化管内科の青木雅彦氏は、進行胃がん患者におけるニボルマブ投与によるHPDの発生状況を検討。イリノテカン治療と比べてHPDの発生が多く、HPDを認めた症例では予後不良であることを第91回日本胃癌学会(2月27日~3月1日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  免疫CP阻害薬による"Hyperprogression"

error in template: found but mtif was expected