メニューを開く 検索を開く ログイン

かけ持ち手術は高リスク患者で危険性高い

 2019年03月20日 17:48
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Stanford UniversityのEric Sun氏らは、6万例超のコホートデータを後ろ向きに検討し、かけ持ちで行う手術(重複手術)の周術期リスクは単独手術と同等だが、術前の予測で高リスクに分類された患者では危険性が高いと報告(JAMA 2019;321:762-772)。重複手術の適応となるかどうかを患者ごとに慎重に選択するよう呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  かけ持ち手術は高リスク患者で危険性高い