メニューを開く 検索を開く ログイン

かけ持ち手術は高リスク患者で危険性高い

 2019年03月20日 17:48
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Stanford UniversityのEric Sun氏らは、6万例超のコホートデータを後ろ向きに検討し、かけ持ちで行う手術(重複手術)の周術期リスクは単独手術と同等だが、術前の予測で高リスクに分類された患者では危険性が高いと報告(JAMA 2019;321:762-772)。重複手術の適応となるかどうかを患者ごとに慎重に選択するよう呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新語・流行語大賞は「ONE TEAM」

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  かけ持ち手術は高リスク患者で危険性高い

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12519551 有効期限:12月末まで